絵ピソード

その49     いくら韓半島を統一した英雄といえども、またいくらヨン・ゲソムン=天武天皇の長子といえども、日本に亡命してすぐ即位という時代ではありません。亡命時文武は56歳。そこから15年雌伏してやっと天皇に即位します。そして即位して10年後、文武は707年82歳で亡くなります。当時としてはびっくりするほど長命でした。
   雌伏15年のうち、689年から696年までの7年間、文武は吉野落ちしています。その間文武は64歳から71歳、持統は45歳から52歳。飛鳥から吉野まで、持統はお供を引き連れて31回も吉野通いをしています。
   文武は女性関係が派手で、手当たり次第の感さえありますが、持統のことは一生愛し続けました。まさに持統あっての文武だったのですから。舎人に続いて、文武60歳、持統41歳の時、多紀が生まれました。685年のその時、すでに天武は暗殺されていましたが、その死を隠して、多紀は天武の末娘ということになっています。
  持統は多紀に帝王教育を施しますが、17歳の時、県犬養三千代と文武の子である高安王(多紀の異母兄)と恋に落ち、多紀は道鏡を生みます。これを知って持統は烈火のごとく怒りますが、時すでに遅し。そのストレスで持統は702年、58歳の時、失意のうちに命を落としました。稀代の女性政治家持統も、娘には勝てませんでした。多紀と高安王の息子道鏡は、母方からも父方からも文武の血を引く、最高のサラブレッドでした。世に言う女帝をたぶらかした怪僧、妖僧ではありません。

その50   皆さま、『源氏物語』をご存知ですか。日本人なら誰でも知っている、平安時代に紫式部という女性が書いた、殺人など血なまぐさい場面が一度も出てこない稀有な長編小説です。しかし私など長すぎて全編を通して読んだこともなく、だいたい光源氏というプレイボーイが現実離れしていて、胡散臭く、全く興味が持てませんでした。
   ところが光源氏にはモデルがいた、光源氏のみならず、ほとんどの登場人物にはモデルがいる、というのだから驚きです。例えば光源氏の父桐壺帝は天武天皇。天武は高句麗出身ですが、句麗はキィリと発音します。天武の皇后で、義理の息子である光源氏と結ばれる藤壺は持統皇后。藤は製鉄のシンボルで、持統の家系は2世紀の日本に製鉄技術をもたらした新羅皇子天日槍です。
    さらに正室葵の上は持統の一族である石川刀自娘。紫の上は鎌足の娘で、不比等の異母妹五百重娘。六条御息所は鏡王女の娘で、不比等の同母姉の元明天皇。夕顔は元正の双子の姉元正天皇。頭中将と冷泉帝は藤原不比等。柏木は柿本人麻呂。桃園式部卿は持統の兄多臣品治。明石入道は金庾信の長男三光。明石の姫君は三光の娘。明石の姫君と光源氏の間に生まれた娘は聖武皇后光明子。光源氏の息子薫は聖武天皇などなど、、、。
   そして主人公光源氏のモデルはというと、韓半島を統一した英雄、新羅第30代文武大王であり、日本の律令制時の基礎を築いた文武天皇です。文武大王と文武天皇は同一人物。頭が良く眉目秀麗な善射者(弓矢の達人)である三拍子揃った文武大王であれば、黙っていても女性が寄ってくること間違いなしです。あの女性遍歴も、さもありなんと腑に落ちるのです。
  さすが「日本紀の局」と言われた紫式部です。7、8世紀のドラマチックな日本朝廷の事情に精通していたのでしょう。

その51    さて藤原不比等ですが、鎌足の息子で、その後の藤原氏の全盛時代を築いた男です。しかし、不比等は鎌足の実子ではありません。天智妃だった鏡王女は子を孕んだまま鎌足に下賜されたのです。鎌足は百済の大佐平(大臣)沙宅智積ですから天智に仕えていたのですが、百済側について、白村江の戦いで唐の海軍に大敗北を喫した天智は、その後日本の守りを固めるために、あちこちに山城を建築して外敵に備えようとしていました。その費用を製鉄豪族の鎌足に無心していたのです。それやこれやで、結局天智に見切りをつけようとする鎌足を懐柔するために鏡王女(新羅と百済の血を引く生粋のお姫様)を鎌足に与えたのです。
    ところがなんと鏡王女のお腹の子は天武天皇の子供だったのです。この間の事情は、全て万葉集に残されています。鎌足は、以前孝徳天皇の子を孕んでいた寵妃阿部氏も下賜されています。生まれた子は貞慧。貞慧も不比等も表向きは鎌足の子ですがどちらも実子ではありませんでした。鎌足が天智に資金を出すのをためらったため、天智は何と貞慧を殺してしまいます。この事件により天智と鎌足の関係に決定的な亀裂が入り、鎌足は天武側につくことになりました。このことも万葉集で明らかにされています。そして貞慧が唐に留学して日本に帰る途中、新羅に立ち寄り土地の女に産ませた子供が柿本人麻呂です。血は繋がっていませんが、柿本人麻呂は鎌足の孫なのです。柿本人麻呂が新羅から日本に来て天武の朝廷で官職を得たとき、天武がたいそう喜んだと言う記事が『日本書紀』にあります。その官職は「サレェ(申し述べる)」、すなわちスポークスマンです。しかし人麻呂は万葉集に400以上もの歌を残し、私たちにとっては、宮廷歌人、天才歌人、歌聖として知られています。
 ✴️ 万葉集2ー91    天智天皇作
         あなたがお嫁に行って下さい。不穏な動静を鎮めて下さい。
         大和の者である大鍛冶場主(藤原鎌足)が動き出そうと
         しています。行ってその場を鎮めてください。
 ✴️万葉集2ー92     鏡王女作
         あなた(天智天皇)の女が、子供はうまくとりはからい
         育てます。行ってひたすら不穏な動きに当たり身を正しく
          交わるようにしますので ご安心ください。
  ✴️万葉集2-94   藤原鎌足作
          中大兄の女を娶ってみれば、なんと大海人の子を
          身籠っていた。ふいごのように騒がしい鉄騒動も止んだ
          のだから、 よく弁えて対応せよ。
         

その52    不比等の三女宮子は文武夫人です。しかし首皇子=聖武天皇は文武の子供ではありません。首皇子の父親はなんと柿本人麻呂です。この最大級の秘密も万葉集が記録しています。宮子は首皇子を出産してから重いうつ病を患い聖武天皇と初めて対面したのは30年以上経ってからでした。
   文武の正室は石川刀自娘。天日槍の子孫にあたる名門の出身です。文武と刀自娘には息子が二人いました。石川広成、広世で、広成が皇太子として次の天皇になる予定でした。ところが、突然刀自娘の身分が剥奪され、広成も皇太子としての身分を失います。これは元明女帝の女官長で、絶大な権力を振るっていた県犬養橘三千代の仕業とされています。三千代は富豪車持氏(県犬養東人)の娘で、不比等の婚約者でしたが、文武との間に高安王を産んで、強制的に美努王に嫁がされました。美努王との間に、橘諸兄、橘佐為、牟漏女王(藤原房前の正室)を儲けましたが、美努王とは離縁。のち不比等と再婚し、光明子聖武皇后を生んだとされています。しかし光明子は三千代の子供ではありません。これもまた万葉集が明らかにしてくれる第一級の秘密です。高安王を文武正室石川刀自娘に育ててもらおうと申し出て断られたことを根に持って、元明天皇に有る事無い事を吹き込んで、刀自娘を失脚させたのです。三千代のあだ名はナデッジコ(なでしこ)です。はびこる、しゃしゃりでる、でしゃばりと言う意味です。しかし三千代の裏には当然不比等がいます。三女宮子の息子すなわち柿本人麻呂の息子である首皇子を天皇位につけることが最終目標でした。天武の息子で世が世なら自分も天皇位につけたかもしれないのに、飛ぶ鳥を落とす勢いの藤原氏でも天皇の臣下にすぎません。その鬱憤、鬱屈を首皇子を天皇位につけることで晴らそうとしたと思います。

✴️万葉集2-266   柿本人麻呂作
        宮子の父親、不比等が押し出してきた。別れ波も
        立ってきた。君のために泣こう
        無念でこのまま死ねない   首皇子を世継ぎに
        しようとしている輩に用心しなされ
                      ※人麻呂はこの歌の中に「宮子」の名を伏せて
                        います。「み・み・み・や・こ」です。
                        宮子を呼ぶ絶叫!

その53    古代日本を作り上げたのは、高句麗の将軍淵蓋蘇文=天武天皇、百済の王子ヒョーギ=天智天皇、百済の大佐平沙宅智積=藤原鎌足です。三人とも悲惨な最期を遂げています。天智は天武に殺され、鎌足は寝たきりのあげく死去、天武もまた子供達に殺された上に高市皇子に墓を暴かれ頭蓋骨を取り去られて、再度埋葬される憂き目に会います。首なしの天武の遺骨が埋められている古墳が、高松塚古墳です。高松塚古墳は、1970年10月頃、村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、穴の奥に古い切石が見つかり、発見されました。1972年3月1日から発掘調査が行われ、2005年、藤原京のとき、694年から710年の間に造営されたと推定されました。死者の祟りを恐れるこの時代に高市のこの所業、持統が常に神経質なほど高市を意識していたのもさもありなんと思われます。
    しかし文武天皇の死後、藤原氏の天下が来ます。不比等は同母姉の元明、元正との間にそれぞれ娘を儲け孫の聖武に繋げる天皇として即位させて時を稼ぎ、ついに娘宮子と柿本人麻呂との不倫の子聖武天皇を即位させました。 そして平安時代の摂関政治で「望月の欠けることなし」という全盛期を迎えました。
    以来1300年以上にわたり、公家を始め神官・武家と多くの氏族を分出し、絶えることなく政治に関与してきました。このような氏族は、世界でも他に全く類を見ません。天皇に仕える公家は、右を見ても左を見ても藤原氏ばかり。近衛家、九条家、一条家、二条家、鷹司家の五摂家を筆頭に、日野、三条、花山院、大炊御門、中御門、持明院、京極、中院、冷泉、西園寺、小倉、洞院、徳大寺、閑院など様々な名字を名乗るようになりました。
   藤原鎌足の子孫は、平氏以来の長い武家政権の中で、日本の上流階級として踏ん張ってきました。天皇と同じく、武家のように君臨せずにきたからこそ脈々とその血筋を伝えてきたともいえます。最後は天武でも天智でもなく鎌足が勝ったわけです。

その54    韓半島の統一を成し遂げた新羅第30代文武大王は、日本に亡命後雌伏15年、71歳で天皇に即位しました。諡号は「倭根子豊祖父」又は「天之真宗豊祖父」天皇。諡号は文武が老人であったことを物語っています。父天武がスタートさせた古代日本を、律令国家として固め発展させたのが文武治世の11年間でした。この驚くべき行政力、並大抵の能力ではない。持統の孫、草壁の子で、若干14歳で即位、25歳で亡くなったとされている文武天皇の到底なし得ないことです。「父の草壁皇子は天皇になっていないので、本来は王の称号を名乗れないのだが、祖母持統の後ろ盾もあり、、、、」。
    草壁皇子は母持統の愛人文武に反発し、そのため持統に殺されてしまった、という恐ろしい「吾恋=アゴビ=子殺し」の噂がどうやら真実かもしれません。アゴビは子殺しの古代韓国語ですが、万葉集には度々出てきます。「恋」と誤訳されて恋愛の歌として訓み下されていますが、実は子殺しの歌なのです。
   
文武天皇の業績を列挙してみましょう。
 1   大宝律令の制定
 2   度量衡の制定、実施
 3   製衣冠司を置く
 4   孔子および儒教の先哲を祀る儀式を行う
 5   木曽の山道を開く
 6   大学・国学を置く
 7   兵士の武芸教習規定を作る
 8   婦女の髪型制度を定める
 9   盗賊追補
10  田租の法改定
11  牛馬用の鉄印を分ける
12  石船柵の修理
13  対馬の金鉱を収める
14  諸官人に兵馬を備えさせる
さすがは文武大王です。豊祖父天皇ならではの行政力。日本に亡命して、雌伏15年、即位して11年の統治を足せば26年。25歳で死んだ文武天皇とも言えるわけです。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)